2004年度三重大学考古学研究室教育・活動

人文学部文化学科日本地域研究

考古学研究室 山中 章

T 考古学関係授業

1 共通教育(1・2年生対象)

@前期

日本史T(2単位):考古学入門講座【様々な考古学・発掘調査情報に接し、考古学のアウトラインを掴み、その魅力に触れる。1年次に取得しておくこと。】

A後期

共通セミナーA(2単位):考古学入門ゼミ【考古学研究の方法論を学び、講義で得た知識の一部を遺跡現地見学や実験考古学、資料館見学などを通して実体験する。1年次に取得しておくこと。】

日本史T(2単位):考古学入門講座【様々な考古学・発掘調査情報に接し、考古学のアウトラインを掴み、その魅力に触れる。1年次に取得しておくこと。】

2 学部教育(2・3・4年生対象:通年)

@先史文化人類学(4単位:自由選択科目):博物館学概論&考古学概論【博物館学・考古学・歴史学の理論、方法論、基礎知識を学ぶ。2年次に取得しておくこと。学芸員の資格単位】

A日本の民族と文化U(4単位:考古学専攻生必修・日本文化コース対象科目)

:考古学特講【考古学の個別テーマに関する講義、特別研究。3年次に取得すること。】本年度のテーマは「三重県の考古学」です。三重県の旧石器時代から中世までの主な遺跡を取り上げてその特徴を概説すると共に、日本考古学史上の位置づけについて検討します。

C日本の民族と文化演習T(4単位:考古学専攻生必修・日本文化コース対象科目)

:考古学実習【考古学を実践していくための基礎技術−遺跡測量、遺物実測、拓本、トレース、写真などを習得するほか、課題を決めて、実験考古学に挑戦する。2年次に取得しておくこと。】

D日本の民族と文化演習U(4単位:考古学専攻生必修・日本文化コース対象科目)

:考古学演習【考古学に関する専門的知識の習得。報告書、論文の輪読、レポート、研究発表。3年次に取得しておくこと。】今年は3年生の学生と部民制、屯倉制、国造制についての諸論文を読みながら、考古学からそれらの日本古代史の論点がどのように評価できるのかに付いて検討しています。

E日本歴史演習(4単位:考古学専攻生必修):日本史共通卒論指導【日本史学・考古学を研究する学生を対象とした共通卒論指導】考古学の学生は今年は5人卒業予定です。櫛の研究、環濠集落。瓢壺、土偶、三重大学校内遺跡鬼が塩屋遺跡出土昆虫化石について等相変わらず多彩です。果たしてどこまで本質に迫れるか?心配です。

3 大学院教育(大学院生対象)

@日本考古学特講(M1・2年次生対象:通年):【考古学の専門分野の特別講義】本年度は都市の商業と流通経済について講義します。特に宮都内の東西市やその延長部に設けられた泉津、難波津等の中央交易圏と地方の国府交易圏の実態について分析します。

A特別研究T・U(M1・2年次生対象:通年):考古学特殊研究【修士論文作成のための基礎研究】

B日本考古学資料論特講(M1・2年次生対象:通年):考古学演習【考古学・文献資料の読解と資料研究。】本年度は刊行されたばかりの集英社版『釈注日本史料 日本後紀』を用いて8世紀末から9世紀の政治史を中心に文献史料に出る史料が考古学的にどのように形となって表れるかについて検討する。

U 考古学研究室実施調査・研究

1 国内発掘調査(考古学専攻生・専攻希望学生全員参加)

@聖武天皇伊勢行幸地の発掘調査 春期・夏期休業中実施。三重県一志郡内。

Aその他

2 海外発掘調査(考古学専攻生・専攻希望学生参加可能)

@ヴェトナム社会主義共和国ハノイ所在バーデウィン皇城遺跡の基礎調査を実施。

Aその他

3 分布調査(考古学専攻生・専攻希望学生全員参加)

@いなべ市分布調査 本年度から4年計画で市内の遺跡詳細分布地図作製のための基礎資料の収集にあたる。主に冬期・春期に実施。

Bその他

4 測量調査(考古学専攻生・専攻希望学生全員参加)

不定期

5 収蔵資料調査

@教育学部収蔵資料調査:・収蔵庫整理昨年度から本年度にかけて亀山市域の資料を亀山市史編纂事業の一環として実施。

                                     ・未報告資料の実測、トレース、報告。

A人文学部収蔵資料調査:・木ノ下古墳

                                     ・美濃国府跡

                                     ・その他

B寄贈資料の調査

6 研究会

@三考研:毎月第一水曜日17時

A卒論修論発表会:年度末二月第四土曜日(別記)

V 成果公表活動

1 研究室ニュース「Archeologue」発行

@刊行委員会:・原稿執筆

                     ・編集、印刷

                     ・配布

Aその他 

2 研究室雑誌「三重大史学」第5号の発行

@編集委員会:・運営方法

                     ・内容・・・・論文、研究ノート、資料紹介、成果報告

A財政:販売システム

Bその他

3 報告書

@未報告調査の成果公表

A研究室発掘・分布調査の成果公表

・「三重大学校内遺跡鬼が塩屋遺跡発掘調査報告書」

・「「美濃国府跡」第8次発掘調査報告書」

B海外発掘調査の成果公表

4 「三重大学考古学研究室開設20周年記念シンポジウム」の開催

@実行委員会

Aその他

5 展示公開活動

@収蔵資料の常時公開:図書館ロビーでのミニ展示 久居古窯址群の須恵器 鬼が塩屋遺跡の出土資料

A大学博物館建設推進活動:・要望活動

                                        ・賛同者募集活動

6 遺跡保存運動

@ 三重県四日市市久留倍遺跡の保存について

A その他  適宜 

W 研究室諸活動

1 研究室旅行

@旅行委員会:・三月第一月・火・水、2泊3日

                     ・遺跡探訪

A会計

2 定期見学会

@正倉院展:11月3日

A日本列島展:東海・近畿地方博物館実施時期

3 不定期見学会

@博物館・資料館見学

A現地説明会

Bその他

4 卒論発表会

@実行委員会:・時期・・・・2月第4土曜日10:00〜15:00

                    ・会場・・・・人文学部405教室

                    ・案内

Aその他:・打ち上げ会

5 懇親会・同窓会

@懇親会

A同窓会

X その他

1 研究室係分担

@行事係:忘年会、同窓会、各種宴会幹事

A会計係:発掘調査、分布調査等合宿経費運用・管理

B旅行係:研究室旅行計画、準備、手配

C図書係:各種寄贈・購入資料整理、登録

D編集係:「Archeologu」、「三重大史学」編集

E整理係:各種調査遺物整理・実測・整図

F資料係:収蔵資料整理、データーベース化作業

G展示係:収蔵遺物展示、交換作業

2 2004年度名簿

@教官

  山中章

A大学院生

 【2年生】M2清野陽一 服部英世 山田真靖 藤岡直子

 【1年生】M1

 【研究生・単位履修生他】 天野三恵子 竹内絵里奈 増田真奈

A学部生

 【4年生】大杉邦明 黒宮由子 阿部美保 奥野絵美 井上亮

 【3年生】宮崎祐子 山崎愛

 【2年生】大久保幸枝 山田美緒 米田尚子 西川晶子 村居喜道
 
 【1年生】松下由布子 田中茉美 他多数?