☆発掘速報☆


ただいま三重大学構内にて発掘調査を行っています。先日終了しました


調査場所 講堂の西、地域共同研究センター隣
調査開始日 7月2日
主な出土遺物 弥生時代中期から後期にかけての良好な土器群や、古墳時代前期の土師器、平安時代中期の土器や土錘、浮石、植物種子、昆虫遺体、多量の木片、足跡か?、鍬先痕など
            
発掘前の現場の風景(西側から)7月2日
掘って掘って
発掘前は
こんな↑感じ
表土掘削しました。(西側から)7月10日
発掘現場全体写真(東側から)7月18日
小ピット群掘削後全体写真(南上空から)7月24日
出土した遺物
S字状口縁台付甕
土錘
写真右側が土玉。
中央が土錘。
左が木片。


現地説明会資料についてはこちらのコーナーへ

活動情報に戻る→
トップに戻る↑