三重大学人文学部考古学研究室では、基本的に毎月第2・4水曜日の18:00〜20:00に、共通教育4号館5階の考古学・日本史資料室(旧405号教室)で在校院生・学部生・卒業生などを中心とした研究会を行っています。 内容は拙いものから可能性のあるものまで様々ですが、キラリと光る発表もあるかと期待できます。
 興味をお持ちの方は是非ご参加下さい。




次回の発表予定

第13回 三重大学考古学研究室研究発表会
日時 未定
場所 考古学・日本史資料室〈旧405教室〉
(共通教育4号館5階)
発表者 未定
発表題目 未定



これまでの研究発表会
  日にち 発表者 発表題目
第12回 04/06/23 天野 三恵子
(三重大学人文学部 研究生)
「古代の行幸制度について」
第11回 04/05/26 服部 英世
(三重大学人文・社会科学研究科)
「古代の河曲郡と天王遺跡」
第10回 04/05/12 山田 真靖
(三重大学人文・社会科学研究科)
「古墳時代における東海地方
 〜須恵器を素材にして〜」
第9回   竹内 絵里奈
(三重大学人文学部 文化学科)
 
第8回 03/05/07 坂倉 豪
(三重大学人文学部 文化学科)
「東日本における壺Gの流通について」
第7回 03/04/16 山田 真靖
(三重大学人文学部 文化学科)
「古墳から見た6世紀中頃における支配構造の変化」
第6回   市川 寛基
(三重大学人文学部 文化学科)
「久居古窯址群出土須恵器の検討」
第5回 03/02/05 服部 英世
(三重大学人文・社会科学研究科)
「暗文土師器からみた律令社会波及過程」
第4回 03/01/22 辻 昌平
(三重大学人文学部 社会科学科)
「伊勢国における中世城館考察」
第3回 02/12/04 西川 麻野
(三重大学人文・社会科学研究科)
「群馬県毛野西部の地域支配に関する一考察 −滑石製模造品を手がかりとして−」
第2回 02/11/20 清野 陽一
(三重大学人文・社会科学研究科)
「平安時代の猿投窯産灰釉陶器について」
第1回 02/11/06 山田 智真
(三重県員弁郡大安町教育委員会)
「国府所在郡の機能」
三品 典生
(三重大学人文・社会科学研究科)
「東海における横穴式石室の系譜
 〜伊勢湾岸を中心として〜」


一つ前へ
↑Topへ