※発表題目をクリックすると、当日のレジュメが見られます。(PDFファイル)
第1回東海例会「東海における前方後円墳の調査と整備」
日時 8月2日、3日
場所 三重大学講堂小ホール
概要 第1日目 テーマ1「身近な史跡と公園、その整備と活用にむけて」
具体的な古墳の調査と整備を取り上げ、
史跡の活用と地域のまちづくりについて考える。
13:00〜13:05 挨拶
山中章(三重大学)
13:05〜13:20 問題提起「史跡整備に求められるもの」(181KB)
中井正幸(大垣市)
13:20〜13:50 報告1「史跡整備の実践〜三重宝塚古墳から〜」(1.57MB)
松葉和也(松阪市)
13:50〜14:20 報告2「史跡整備後の維持管理〜愛知青塚古墳から〜」(546KB)
正岡久直(犬山市)
14:30〜15:00 報告3「コンピュータと史跡整備〜GPSを利用した表示装置の活用〜」(905KB)
関口敦仁(情報科学芸術大学院大学)
15:00〜15:30 報告4「まちづくりと史跡」(334KB)
豊田富士人(大垣市)
15:40〜16:30 シンポジウム「身近な史跡と公園、その整備と活用」
17:00〜17:30 まとめ
八賀晋(三重大学名誉教授)
***************************************
第2日目 テーマ2「大型古墳における埴輪構成の実態」
第1日目に取り上げた整備を目的とした発掘調査などを取り上げ、
そこで出土した円筒埴輪や形象埴輪からみた製作から配置を通して、
古墳時代前半の地域像や埴輪研究に対して提言を行う。
9:00〜9:10 趣旨説明
9:10〜9:55 基調報告(1.41MB)
古谷毅(東京国立博物館)
10:05〜12:15 シンポ例会(前編)
「昼飯大塚古墳の事例を中心に」(1.39MB)
東方仁史(鳥取県埋蔵文化財センター)
「伊勢地域の事例を中心に」(1.57MB)
穂積裕昌(三重県埋蔵文化財センター)
「堂山古墳の事例を中心に」(1.43MB)
鈴木一有(浜松市)
「正法寺古墳の事例を中心に」(936KB)
三田篤司(吉良町教育委員会)
昼食
13:00〜13:30 最新報告「免鳥5号墳の調査成果」(2.48MB)
田辺朋宏(福井市文化財保護センター)
13:30〜16:00 シンポ例会(後編)
16:30〜17:15 まとめ
連絡先 山中章(東海例会代表)
〒514-8507 三重県津市上浜町1515 三重大学人文学部文化学科 考古学研究室
Tel・Fax 059-231-9148